荷作りは当日までに完璧にやっておく

当日までに荷作りはしっかり済ませておきましょう!

効果的な見積もりの取り方はお読みいただけましたでしょうか?
これまでお伝えしてきたことを実践していただいたのであれば、
安い見積もりが集められたことと思います。
あとはその中から自分の好みの業者を選べば良いと思います。

 

 

既に十分に割安な見積もりが集められているはずですから、
2,000〜3,000円程度の価格差ならあまり気にせず
自分が気に入った、安心して任せられそうな業者を選べば
良いと思います。

 

 

そして、引越しをお願いする業者を決めて契約をしたら
あとは引越し当日を待つばかりですが、
当日までにやっておくべきことが一つだけあります。

 

 

それは荷物の梱包です。

 

 

これをきちんとやっておくと引越し業者に喜ばれるというのは
これまでに書いてきた通りですが、
それは当然自分にも跳ね返ってします。

 

 

安心で安全な引越しには、兎にも角にも荷作り次第ですので、
他のことは忘れても荷物の梱包だけはしっかりやるようにしましょう。

できるだけ段ボールに入れるようにしましょう!

荷作りのコツは、段ボールに入れられるものは
とにかく段ボールに詰め込む
ことです。

 

 

小さい物を段ボールに入れるのは普通ですが、
問題は中途半端な大きさの物です。
中途半端な大きさの物も、段ボールに入る物は
すべて段ボールの中に詰め込んでしまうようにしましょう。

 

 

たとえば掃除機は、サイズにもよるかもしれませんが、
普通は段ボールの中には入りませんよね。
こういう物はもちろん段ボールに入れる必要はありません。

 

 

しかし、炊飯器湯沸かしポットホットプレート
などは段ボールに入るのではないでしょうか?
また、カバンやバッグの類も段ボールに入れられますよね。

 

 

こういった段ボールに入れられる大きさの物は
すべて段ボールの中に入れてしまうのです。

 

 

また、机の引き出しの中の物や、
タンスの中の物も忘れずに取り出して、
段ボールに詰めるようにしましょう。

 

 

机やタンスは運んだり、トラックに積んだりする時に
横にしたり逆さにしたりします。
そうした時に引き出しの中の物が飛び出してこないよう
中に入っている物は確実に段ボールに入れるようにしましょう。

 

 

お客さんの中にはよく、荷物を段ボールに入れず、
紙袋やビニール袋に入れたり、
カバンの中に詰めておく人がいますが、
これらはすべてNGです。
何といっても、運び出し、運び入れの時、傷つく可能性もありますし、
引越し屋さんが作業しにくいのです。

 

 

引越し業者は荷物を台車に乗せて運ぶので、
紙袋やカバンなど段ボール箱以外の物があると
運搬の効率が非常に悪くなってしまいます。
単身パックやミニ引越しプラン

 

 

また、トラックに積む際にも
段ボールの箱の方が効率良く積むことができますので
荷物はできるだけ段ボールに入れるようにしましょう。

 

 

作業スタッフに気持ち良く仕事をしてもらって
安心安全に引越しするためにも、
段ボールに入れられるものは
すべて段ボールに詰め込んでやろう

くらいの気持ちで梱包作業をがんばってください。

 

「しまった、忘れてた!」〜引越し当日の必要な物(持ち物)・段取り・盲点! 次のページに進む

 
引越し見積もりTOP 引越し料金・相場ピーク時 忘れてた!引越し当日 2箇所積み1箇所降ろし 効果的な見積り取り方