「しまった、忘れてた!」〜引越し当日の必要な物(持ち物)・段取り・盲点!

引越し当日の必要な物(持ち物)・段取り・盲点!「しまった、忘れてた!」

 

引越し当日は、準備をしてきたつもりでも、思いの他バタバタします。
しまった、忘れてた!」となりがちなことをご紹介します。

 

スリッパ

 

必要な持ち物としては、スリッパが必要です!
旧居に引越し業者が来て、荷物の運び出しをしてくれるわけですが、
引越しの当日は家の中がこんなふうになっているはずです。
「しまった、忘れてた!」〜引越し当日の必要な物(持ち物)・段取り・盲点!

 

ダンボールに物を詰め込んだり、冷蔵庫の中の物を出したり、電気を外したりすると
ホコリがすごい状態になります。
スリッパがないと靴下が汚れますよ!
冬は足元が寒いこともあります。

 

当日に引越し業者が荷物をトラックに積み込み、
新居に移動し荷物を搬入します。
新居到着は夕方になることが多いですね。
冬は結構寒いですし、ダンボールを足に落とす可能性もあります。
スリッパを履いているとそれだけでケガを防ぐことができます。

 

旧居で履いていたスリッパは、
自分の手荷物として新居に持って行った方がいいです。
新居についてすぐにスリッパを履きますので。

 

スリッパは必要な物リストに書いておいた方が良いです!

 

 

ガムテープ最低3個

 

ガムテープは必要です。
引越し業者からもらえる場合と自分で用意する場合があります。
安い物なので、自分でも3個は用意しておいた方が良いです。
各部屋にガムテープ1個置いておくと便利です。
ガムテープどこ行った?」となると作業が中断します。
中断を防ぐために最低3個開けて置いておけば安心なのです。
本当を言うと、1部屋に2つあってもいいくらいです。
部屋が広いと、ダンボールを詰めてフタしている時に「ガムテープあんな所にある、、、」と
3m向こうまで取りに行くのは面倒です。

 

搬出、搬入の途中でタンスが開かないように
引き出しをガムテープで止める必要があります。
「しまった、忘れてた!」〜引越し当日の必要な物(持ち物)・段取り・盲点!

 

ダンボールを組み立てて、封をする度にガムテープを使います。
「しまった、忘れてた!」〜引越し当日の必要な物(持ち物)・段取り・盲点!

 

ガムテープはダンボールの底をしっかり止めます。
底が抜けないようにしないといけません。
作業員さんが運んでいる最中に底が抜けて、
荷物が壊れた場合、賠償の対象になりません。注意が必要です。
ダンボールの表面は、ガムテープをそれほど厳重に貼らなくても大丈夫です。

 

というわけで、引っ越しの際、ガムテープはたくさん使うのです。

 

 

電気、インテリアの取り外し

 

これが意外と忘れる盲点!知らないと新居で困ることになる!

 

電気を新居にもって行く場合。外して持って行くのですが・・・
「しまった、忘れてた!」〜引越し当日の必要な物(持ち物)・段取り・盲点!

 

フタを外して、中身を外します。
「しまった、忘れてた!」〜引越し当日の必要な物(持ち物)・段取り・盲点!

 

コレ!忘れがちなので、コレをしっかり外して、新居へ持って行きます。
「しまった、忘れてた!」〜引越し当日の必要な物(持ち物)・段取り・盲点!

 

外すとこうなります。
「しまった、忘れてた!」〜引越し当日の必要な物(持ち物)・段取り・盲点!

 

忘れずに!
「しまった、忘れてた!」〜引越し当日の必要な物(持ち物)・段取り・盲点!

 

忘れると、旧居に取りに戻るか新しく買うか、するしかなくなります。
知らないとコレを置いていってしまうので、注意が必要です!
引越し当日の必要な持ち物リストに入れることさえ忘れる
(と言うか、知らない。気がつかない。)ので注意しましょう!

 

 

新居には付いていませんからね!!
「しまった、忘れてた!」〜引越し当日の必要な物(持ち物)・段取り・盲点!

 

仮に、旧居の付属品を持って行ってしまった場合、
後で旧居の管理人さん宛てに送り返せば大丈夫です。
新居では何かとバタバタするので、
最初から分かっている電気、シーリングライトの問題については気をつけましょう!!

 

 

電灯用のダンボール

 

シャンデリア、インテリア電灯用のダンボール
意外と忘れるので、最初に確保しておきましょう。
結構大きいです。かさばります!
「しまった、忘れてた!」〜引越し当日の必要な物(持ち物)・段取り・盲点!

 

 

新居にインテリア電灯を運び、新居ではめます。
「しまった、忘れてた!」〜引越し当日の必要な物(持ち物)・段取り・盲点!

 

「しまった、忘れてた!」〜引越し当日の必要な物(持ち物)・段取り・盲点!

 

電気が付きました!あとはフタをはめるだけ!
「しまった、忘れてた!」〜引越し当日の必要な物(持ち物)・段取り・盲点!

 

つきました!!
「しまった、忘れてた!」〜引越し当日の必要な物(持ち物)・段取り・盲点!

 

引越しは午前中に搬出して、夕方に到着するケースが多いです。
夕方ですともう薄暗いので電気必須です。
午後搬出の場合、荷物搬入し、
荷ほどきするのは18時を過ぎるでしょう。
電気がまず第一に必要になるので、
当日の必要な物・段取りリストに入れておきましょう。

 

 

カーテン

 

引越し当日の夜、新居でカーテンが必要です。
カーテンがないと丸見えになるので注意が必要です。
旧居から新居へしっかり持って行きましょう。
荷物は後日搬入の場合、気をつけましょう。
「しまった、忘れてた!」〜引越し当日の必要な物(持ち物)・段取り・盲点!
あと、新居と旧居の扉の長さが違うと、
長さが足りない、余るなどの問題が出ることもあります。
頭に入れておきましょう。

 

意外と盲点と言いますか、結構知らないで、
引越し当日になってから困ることについて書きました。

 

心付けについて

 

引越し当日、引越し業者の作業スタッフの方が見えた時
まず挨拶をすると思いますが、
もし心付け(チップ)を渡すつもりがあるのなら
心付けはこの挨拶の時に渡しましょう。

 

もちろん心付けは渡さなくても構いません。

 

 

渡さない人も結構いますので何の問題もありませんし、
それによって荷物を荒っぽく運ばれるということも
ありませんので、心配することはありません。

 

 

ただ、もし心付けを渡すのなら、作業が終わってからではなく、
初めに渡すようにした方が良いでしょう。

 

 

旅館に宿泊する際の心付けでもそうですが、
心付けを先に渡すべきか後に渡すべきか
渡すタイミングに悩まれる方は結構いらっしゃいます。

 

 

心付けは、良くしてもらったお礼として最後に渡すのが
本来のあり方だという意見がある一方で、
「よろしくお願いします」という挨拶の意味を込めて
先に渡した方が良いという意見も数多くあります。

 

 

どちらを選んでも間違いというわけではないので、
それだったら先に渡しておいた方が良いと思います。

 

 

作業スタッフも人間ですから、心付けを渡されて
イヤな気持ちになる人はいません。

 

 

むしろ、心付けという気遣いを受けたことで、
このお客さんのために頑張ろう」という気持ちが働くのは
人間の自然な感情だと思います。

 

 

ですので、もし心付けを渡すのであれば、
最初の挨拶の時に「今日一日よろしくお願いします」と
渡すのが良いですね。

 

 

ちなみに、心付けの相場は
引越しの規模にもよりますので一概に決まっていません。

 

 

キリの良い数字ということで1万円を渡される方もいますし、
1000円×作業スタッフの人数分を渡される方もいるようです。
また、小規模な引越しでは、お茶やお菓子などを
渡される方も多いようです。私個人的には1人1000円×作業人数分くらいで良い感じます。
お客さんとして、負担を感じない金額が良いのです。

 

あくまで「心付け」ですので、金額の大小よりも
感謝の気持ちが籠められいることが大切です。

 

暑い夏には冷たい飲み物、寒い冬にはホットのおーいお茶などを差し入れてあげると、
引越し作業員さんとしても実用的で嬉しいものです。

 

引越し業者〜ベッドの運び方 次のページに進む

 
引越し見積もりTOP 引越し料金・相場ピーク時 忘れてた!引越し当日 2箇所積み1箇所降ろし 効果的な見積り取り方